読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥知らずのウェブエンジニア -web engineer, shameless

これは一歩を踏み出すことができない者たちのブログ

さくらVPSで開発環境構築 〜男の価値、市場価値〜 2発目

開発環境 さくらVPS apache

さくらVPSでの開発環境構築 2発目。
引き続き、ドットインストールにそって。


- #11 Webサーバーの設定をしよう
apacheのインストール
 会社ではソースからインストールしていたが、今回はyumでインストール。
 httpdを自動起動に。
 httpdの設定変更(TODO 意味をちゃんと調べよう。。。週末に。。。)
 設定に間違いないか確認
 httpd起動

yum install httpd

chkconfig httpd on

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
 ServerTokens Prod
 ServerSignature Off
 Options -Indexes FollowSymLinks

service httpd configtest

service httpd start


- #12 Webページを設定してみよう
→ドキュメントルートにファイルを置いてアパッチの起動確認
 作業ユーザ権限にして、ファイル作成
 ブラウザで確認

chown -R user:group /var/www/html

vi /var/www/html/index.html


- #13 VirtualHostの設定をしよう (1)
→virtualhostを設定して、複数ドメインを運用する。
 既存とは別のドキュメントルートに設定するディレクトリ作成。作業ユーザに権限つける
 /etc/httpd/conf.d/以下にvirtualhostの設定ファイル作成。/etc/httpd/conf.d/以下に設定ファイルを置けば必ず読まれる。
 virtualhostを有効にする。

mkdir -p /var/www/dev.example.com/public_html

chown -R user:group /var/www/dev.example.com

vi /etc/httpd/conf.d/dev.example.com.conf
 <VirtualHost *:80>
   ServerName dev.example.com
   DocumentRoot "/var/www/dev.example.com/public_html"
   DirectoryIndex index.html index.php
   ErrorLog /var/log/httpd/dev.example.com_error_log
   CustomLog /var/log/httpd/dev.example.com_access_log combined
   AddDefaultCharset UTF-8
   <Directory "/var/www/dev.example.com/public_html">
     AllowOverride All
   </Directory>
 </VirtualHost>

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
 NameVirtualHost *:80

- #14 VirtualHostの設定をしよう (2)
httpdの設定に間違いないか確認
 httpdリスタート
 virtualhostで設定したドキュメントルートにファイルをつくる
 /etc/hostsを編集し、設定したドメインの際、VPSに向けるよう設定
 ブラウザで確認

service httpd configtest

service httpd restart

vi /var/www/dev.example.com/public_html/index.html

vi /etc/hosts
 IP.ADDRESS dev.example.com


今日はここまで。
会社ではvirtualhostの設定は、includeさせて読ませていたはず。
いろいろやり方あるのですね。。。



感謝致します。


f:id:ogataka50:20130213013203j:plain