読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥知らずのウェブエンジニア -web engineer, shameless

これは一歩を踏み出すことができない者たちのブログ

さくらVPSで開発環境構築 〜男の価値、市場価値〜 3発目

さくらVPSでの開発環境構築 3発目。
引き続き、ドットインストールにそって。


- #15 PHPの設定をしよう
 →phpインストール
  php.ini編集

yum install php php-devel php-mysql php-mbstring php-gd
cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
vim /etc/php.ini

 error_log = /var/log/php.log
 mbstring.language = Japanese
 mbstring.internal_encoding = UTF-8
 mbstring.http_input = auto
 mbstring.detect_order = auto
 expose_php = Off
 date.timezone = Asia/Tokyo

service httpd restart

- #16 MySQLの設定をしよう
mysql インストール
 my.cnf編集(文字コードなどの設定)

yum install mysql-server
cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org

vim /etc/my.cnf
 character_set_server=utf8
 default-storage-engine=InnoDB
 innodb_file_per_table
 [mysql]
 default-character-set=utf8
 [mysqldump]
 default-character-set=utf8

service mysqld start
mysql_secure_installation
chkconfig mysqld on
mysql -u root -p

- #17 Ruby on Railsの設定をしよう(1)
 →ruby,gemのインストール

sudo yum install zlib-devel openssl-devel sqlite-devel
curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable
source /home/dotinstall/.rvm/scripts/rvm
rvm install 1.9.3
ruby -v
gem -v
gem install --no-ri --no-rdoc sqlite3

- #18 Ruby on Railsの設定をしよう(2)
 →node.jsのインストール
  ※ドットインストールの記載ではうまくいかなかったので、
   ソースからインストール

wget http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20.tar.gz
tar xzvf node-v0.8.20.tar.gz
cd node-v0.8.20.tar.gz
./configure
make
make install


- #19 Ruby on Railsの設定をしよう(3)
 →ブラウザでRuby on Railsの確認するため、
  iptables編集
  ブラウザで確認

sudo vim /etc/sysconfig/iptables
 -A SERVICES -p tcp --dport 3000 -j ACCEPT

sudo service iptables restart
rails new myapp
cd myapp
rails server
ブラウザで確認(ip.address..:3000)

なにこれ、railsってこんなのりなのね。。。
いつかちゃんと勉強してみよう。。。


- #20 ソースからPythonを入れてみよう
 →ソース、ダウンロード。
  インストール

wget http://www.python.org/ftp/python/2.7.3/Python-2.7.3.tgz
tar xvzf Python-2.7.3.tgz
cd Python-2.7.3
./configure
make
sudo make install
python --version

- #21 MongoDBを導入しよう
→yumのレポジトリを拡張し、mongodbインストール

vim /etc/yum.repos.d/10gen.repo
 [10gen]
 name=10gen Repository
 baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64
 gpgcheck=0
 enabled=1

yum update
yum install mongo-10gen mongo-10gen-server
service mongod start
chkconfig mongod on
mongo --version
mongo
exit


これでとりまある程度整ったのかしら。。。
あとは思いつくのは、
samba
なんらかKVS
memcache
nginex
とかもおいおいやっていこう・・・



感謝致します。
f:id:ogataka50:20130218015158j:plain